(長編)リセット

リセット(37)

 ←(頂き物)祝!デルタ、ヘタれ卒業 →リセット(38)
鉄パイプを振り回して姫に集っていた男たちを散らした。

姫を抱き上げると、姫は涙をいっぱいに溜めて歯を食いしばっていた。

……姫。

細い肩が震えている。こんな姿になっているのに、自分は助けもしないで現実逃避していたなんて。腹立たしくて情けなかった。

くそっ! こんな狂った状況が歪みのせいだというなら、全部ぶっ壊してやる!

「姫、ごめん。僕は弱くて逃げてばかりで、姫が襲われていても自分のことしか見ようとしなかった。でも、もう逃げるのはやめるよ。弱くても大事なものは守りたい。僕は姫のことが好きなんだ」

つぶらな瞳が僕を見上げた。僕は安心させようと優しく微笑んだ。なんとか姫だけでもここから逃がそう。

「立てる? こっちに注意が向いたことで階段付近が手薄になってる。ここは引きつけるから隙を狙って一旦引こう」

逃げるという言葉を敢えて使わなかった。こんな状態でも逃げることはしないと思ったからだ。姫は聞こえているのかいないのか、黙ったまま僕を見ていた。

不良たちを牽制しながら姫から離れると、姫はゆっくり立ち上がりこちらに注意を払いながら階段へ向かった。よし、後はどうやってこいつらを倒すかだ。そう思った時、視界の端にいた姫がしゃがみ何かを持ち上げた。それは階段に落とされたブチだった。

ブチ、大丈夫だったのか! そのまま逃げようと思えば逃げれたのに、動く片腕で這い上がってきていた。……本当に皆強い。

「デルタ! これを月に打ちこめ!」

ブチは姫に支えられながら腕を大きく振った。

咄嗟のことで僕は反射的に構えてスイングした。

ーー重心を落として腰から打つ……そう、そのフォームだ!

父さんの声が聞こえた気がした。

鉄パイプに当たったのはパパが自動販売機で買っていたミネラルウォーターのペットボトルだった。

「ペットボトル?」

側面がバウンドし、夜空に大きな弧を描いて飛んだ。

あれは一体……? 

ブチを見るといつもの顔で頷いていた。でもどこかに自信に満ちたものがあり僕は確信した。

何かスプレーの他に歪みを消す方法を見つけたんだね!

今度こそ、今度こそだ! これが三度目の正直だ。頼む………!

祈る思いで軌道を目で追った。ペットボトルはキラキラと光を反射しながら流星のごとく空を流れ、見事に偽の月に突っ込んだ。

「やったああ!」

僕たちは声を合わせて叫んだ。咄嗟のことで無駄な意識をしなかったことが功を奏したのか、それともただの偶然か。どちらにしろ目目標をぶち抜いた。

当たった! 当たったわ!

よくやった! デルタ!

姫、ブチ、パパから歓喜の言葉が飛び出た。

歪みの見えない不良たちは、自分たちを無視した意味の分からない行動に腹を立て、形勢を巻き返そうと顔面にパンチをめり込ませてきた。

鈍い音がして衝撃が走ったが、僕の顔はにやけていた。

やった! やったぞ! これで歪みが消える……! 

倒れながら片目で月を捉えていた。ぼやけた月は相変わらず不確かな輪郭を保って虚ろに光っていた。

ダメなのか……?

背中が地面にぶつかり、馬乗りになってきた男の顔が視界に入ってきた時だった。


ポツリ。


額に何かが当たった。


ポツポツ

ポツポツポツ……ザーー


雨だ。

不良も僕たちも動きを止めて自然と空を見上げた。雲ひとつない空から雨が落ちてくる。みんな電池の切れたロボットのように動きを止めて雨に打たれていた。





ファーン


どれくらい時間が経ったのか。車のクラクションが響き渡り、僕たちは我に返った。

慌てて起き上がり、落下防止のフェンスから下を覗くと、黒塗りの車が止まっていた。

あの車はーー。

もう一度クラクションが鳴り、誰かが非常階段を上ってくる足音が聞こえてきた。



関連記事



【(頂き物)祝!デルタ、ヘタれ卒業】へ  【リセット(38)】へ

~ Comment ~

ホームラン!!!!!

ブチナイスです!!!ナイスですブチ!!!
まさかもう一発打ち込んでくれるとは…!
そして今回はデルタすごい!ちゃんとあたりました!
土壇場の力すごいです。

雨も降ってきたし、あの黒い車も出てきましたね…
これがどうなるのか…上がってきたのは誰なのか…
チャラ男か?チャラ男なのか?…とわくわくドキドキです!

NoTitle

テンポがとても良くて、臨場感を高めますね。
事態がすぐに好転するわけではないけど、何かが変わる予感。
あとは、あの人の登場かな?

NoTitle

狙い過ぎずに打ったら・・・!!
肩の力がいい塩梅に抜けていてよかったんでしょうね♪
すごいぞ、デルタ!!
姫にも告白したし(笑)、ホームランかっとばしたし!雨も降ってしきたし・・・?黒い車もやってきたし・・・。。。

さあ、どうなる?どうなるの??
ドキドキしますぅ~!
そしてみなさんが心待ちの人!当然私も!いえ、私こそがっ(笑)

ちなみにブチの渡してきたペットボトル。。。その中身も気になる所です!またブチの理解不能なお話・・・?(笑)そしてみんなまたもやポカン・・・?(笑)
そしてデルタの恋の行方や如何に!?いや、そういう話じゃないですね(笑)

ほんとにもう、色々と楽しみです♪
  • #404 ぐりーんすぷらうと 
  • URL 
  • 2013.12/13 15:22 
  •  ▲EntryTop 

Re: ホームラン!!!!!

いつもコメントありがとうございます!
ブチはどんなときもブチでした(笑)
デルタ今回は当たりました!でないとこの話は終わらないので作者の力で当てました(爆)
次こそ最後になるはず!たぶん!きっと!そのうち!(

Re: NoTitle

いつもコメントありがとうございます!
limeさんに誉めてもらえると、文章が上手になったような気がしてしまいます(*^^*)
あの人登場ですよー♪終わる終わる詐欺ですが次こそ終わってくれ(笑)

ぐりーんすぷらうと様

デルタやっと見せ場です(笑)
私の都合で終わりに向けて色々詰め込みました(^-^;

やっとあの人が!来るのかな!?ぐりーんすぷらうと様の彼氏が!(え?

ペットボトルの中身の説明はしないとですね。ブチが唯一輝くシーンです(笑)
いつも嬉しいコメント本当にありがとうございます!


NoTitle

きたきたきた!
前回からさらに男を上げてきたデルタ!!
やっぱり主人公はこうでなくっちゃwww
ロケットエンジン点火な勢いがたまらんです。
クライマックスはどこまで続くのかしらっ ソワソワソワアタヽ(д`ヽ彡ノ´д)ノフタ

草津輝夜様

私の都合でデルタ急激に男上げました(笑)
このまま永遠に月に当てられず何度も凹んで立ち直るを繰り返すのも面白いですが(え?)三度目の正直で当ててもらいました。
いつも嬉しいコメントありがとうございます!
いつ終わるのか、この話…!今年中には終わらせたい!(>_<)

やったデルタ!

デルタが決めたあ!やっぱ最後に主人公はこうでなくてはね。おそらく一番は姫の存在がデルタを強くしたんでしょうね。
まだ続きがあるんでしょうけど、物語は佳境に入ってるような感じですね。

始めてスマホから読んで、コメントを書いてます。いつもパソコンからなので、文量が長く感じます。
たおるさんの作品でもそう感じるをなら、こっちはどれだけ長くなるんでしょうね。

たおるさんはスマホで投稿したり、観たりしてるから、読むの大変でしょうね。いやあ申し訳ないです。

こちらは要約書き始めたって感じですね。

楓良親様

デルタ決めましたよ!やっと主人公らしくなりました(笑)
やっぱり愛の力は偉大ですね♪

スマホから投稿、閲覧は結構不便なんですよ~分かってもらえますか(ToT)
外出先から見る分にはパソコン持ち歩けないんで便利なんですけどね…。

でも今、親が新しいパソコン買おうかって話をしているので、ノートパソコンにしてもらえれば、自室に持ち込んで私物化できそうです(笑)まだ当分買いそうもないですがちょっと期待しながら待ってる所です♪

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(頂き物)祝!デルタ、ヘタれ卒業】へ
  • 【リセット(38)】へ