FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←(頂き物)あかねさんから♥ 続・ハーフムーン →(頂き物)夢月亭清修さん 釣り一頁SS№7 「今も昔も」
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【(頂き物)あかねさんから♥ 続・ハーフムーン】へ  【(頂き物)夢月亭清修さん 釣り一頁SS№7 「今も昔も」】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

(掌編)トカゲ

(掌編)トカゲ

 ←(頂き物)あかねさんから♥ 続・ハーフムーン →(頂き物)夢月亭清修さん 釣り一頁SS№7 「今も昔も」
私は少しの間、トカゲと一緒に暮らしていた。


ただ、顔が好みだという事だけで、夜の街にうずくまっている彼を連れて帰った。


見た目からまだ20代前半だろうか。
肌が浅黒く、爬虫類顔だったことから、トカゲと名付けた。
本当の名前は知らない。



彼はアーティストを目指しているらしかった。
音楽に合わせて絵を描く、そんなパフォーマンスを行う、売れない芸術家だと言っていた。


私は芸術のことなんか分からないし、そもそもトカゲが何者でも良かった。


愛玩物として私を癒していればそれでいい。
そして、それを相手も理解していた。


お金がないトカゲと、寂しい私。
お互い需要と供給が一致しただけのことだった。



仕事で疲れた私は毎晩トカゲを抱いて寝た。

冷たくひんやりした肌が、乾いた心に心地いい刺激となって染みていく。



そんな関係を続けていたある日。

トカゲのパフォーマンスがたまたま通りかかったローカルテレビに映ったらしい。

たかがローカルテレビの端に映ったくらいの些細なことを、喜々として話す彼。

その姿を、お酒の注がれたグラスに映しながら飲み干した。

甘くもなく、苦くもない。
本当些細な味。



しかし、その日からトカゲのパフォーマンスを見に来る人が増えはじめた。


噂が噂を呼び、彼の人気は徐々にあがり、全国放送テレビの出演までも決めてきた。


玄関を開けても彼の姿を見ることは少なくなり、そして、もう1年。
トカゲは帰ってきていない。



テレビで時折彼が活躍している情報を知ることができる。
今は海外にいるようだ。


私はまた新しい愛玩物を拾ってきてトカゲと呼んで飼っている。

今度のトカゲは茶髪色白で瞳も大きく子犬のように人懐っこかった。


このトカゲもまた出て行くのかしら。

そしたらまた次のトカゲを拾えばいいだけのこと…。


新しいトカゲの頭を撫でながら、グラスを傾けると、部屋の隅では初代のトカゲが残していった尻尾が、まだピクピクと動いていた。





************

こちらも即興小説で「トカゲの喪失」というお題を頂いて書いたものです。
ブログに上げるにあたってちょっと手直ししました。

前回の「燃える円周率」よりは書きやすかったです(^_^;)

こう……なんか心の隙間のアダルティーな感じが出ていれば嬉しいです。(なってるかな;


トカゲって聞いたら由貴香織里さんの「少年残像」を思い出します。懐かしい……


またこのお題も書いてみたいって方いらっしゃったらぜひぜひ書いてみてくださいヽ(=´▽`=)ノ


【(頂き物)あかねさんから♥ 続・ハーフムーン】へ  【(頂き物)夢月亭清修さん 釣り一頁SS№7 「今も昔も」】へ

~ Comment ~

NoTitle

こんばんは!
読ませていただきました。

本編と全然関係ないのですが、「心の隙間のアダルティー」という言葉が僕の心にはめちゃめちゃ刺さりました。笑
使いたくなる良い言葉ですねwwなんとなく分かるw

しかし「トカゲ」はてっきりアーティストネームとかペンネーム的なものかと思っていましたが……
最後で一気に妙な世界に引っ張り込まれた感じです。
こういう感じ結構好きなので、即興掌編としてとてもいい出来なのでは? と個人的には思います♪

面白かったです!

夢月亭清修様

わ!すいません!
トカゲって主人公が名付けたんです;その一文が抜けていたΣ(゚Д゚)


「心の隙間のアダルティー」、夢月亭さんに刺さりましたか(笑)
よし、たおる名言集に追加しておこうφ(..)メモメモ(おい
勝手な造語ですが、なんとなくでも意味が伝わったなら嬉しいです!
みんな大なり小なりこういう部分あると思うんですよね……。
ぜひぜひ広めてください(笑) (責任は取りません!

おお!出来いいですか!嬉しいですヽ(=´▽`=)ノ
面白いありがとうです♪
自分では評価もらうまでこの作品がいいのか悪いのか分からないんで、ほっとしました(*´∀`)

彼女の本心は……

主人公は女性なんですよね?
「きみはペット」なんてまんががたしかあったような。
まんがは読んでいませんが、男性をペットと呼べる感覚は本心なのかなぁ、と思ってしまいます。

本心だったとしたら、そういう女とはお友達にはなりにくそうですが、フィクションのキャラとしてはわりと好き。

本当は彼と結婚したかったのに、そんなタイプの男じゃないから、あんなのペットだもん、トカゲだもん、と思おうとしている。
それはそれで、なんだかけなげな女性で好きです。

トカゲが残していったしっぽ。
想い出とかの象徴? このふたり、深い関係になっていたのかな?
ものすごくいろいろと考えてしまう短編でした。

あかね様

主人公は女性ですよー。

そういえば、そんなタイトルのドラマ?漫画?ありましたね。
私も読んでないのですが……。
このお話の主人公は、ペットというか都合のいい存在がほしいって感じです。
結婚とかは考えてないと思います。

相手の男も、この女性もまっとうな人間関係ではなく屈折してますね(^_^;)
こういう関係はそんな長く続くものでもないと思うので、儚げで危うい雰囲気が出てれば嬉しいです。

私もこんな女性とは友達にはなりたくないです(笑)
友達がこんなことしてたら、まずなにか他に問題があるんだと思って色々お話するようにしますね……。

色々と考えてもらえる切欠になったみたいで嬉しいです♪
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(頂き物)あかねさんから♥ 続・ハーフムーン】へ
  • 【(頂き物)夢月亭清修さん 釣り一頁SS№7 「今も昔も」】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。