(長編)廃屋の残響

廃屋の残響(13)

 ←廃屋の残響(12) →廃屋の残響(14)
突然大きな壁のようにそびえ立っていた木々がなくなり、変わりに背丈を超える雑草が生い茂った場所に出た。

拓けた空からは、月の光が満遍なく降り注いでくる。


「何もないですね」

追いついた運転手が念押しのように語尾に力をこめて言った。


言われたとおり、そこには建物らしきものの姿はなく、ただただ雑草が視界を遮るだけだった。


風が吹き抜け、草がざわざわと騒いだ。


「……もういいでしょう」

懐中電灯を取ろうとする手を振り払って私は膝を折り、頭を地面に近づけた。


「お、お客さん!?」


「ほら! 見て!」

視界を下げたことにより、地面にある飛び石で出来た道が見えた。
石のその部分には草が生えず、また回りに生えている草の葉も根本は疎らで、隙間から遠くまで見える。

視界の先にはぼんやりと石壁のようなものが見える。


「あったわ」


これだから子どもにしか見つけられなかったのね。
大人の背丈では見えないし、普段こんな姿勢はしない。



草をかき分けながら目的に近づくと、なぜか涙が溢れだした。


でも、悲しいわけじゃない。
さっきの涙とも意味が違う。



草の合間から現れたのは蔦に覆われ、大木のようになった洋館だった。


「本当にあったんですね」


運転手は信じられないといった面持ちでそう呟いた。


「だからそう言ってるじゃないですか」


確証を得て自信満々に反発してやった。
そうは言うもののはじめは自分でもその存在を疑っていた。
あったとしてももう取り壊しになっている可能性も高かったのだ。

まだあって良かった。


二人で並んで少しの間、建物を眺めていた。


蔦に覆われた壁はレンガ造りになっていて、二階部分は一部崩れ落ちてしまっている。

長い時間ここに佇んでいたのだろう。

それにしても重厚な造りで大きな建物だ。
いつの時代に建てられたか分からないが、近代建築の洋館はきっと当時でも珍しかったに違いない。
一体どんな人物が住んでいたのだろう。


運転手は玄関を一応といった感じで押したり引いたりしたが、観音開きの大きな扉には、錆びたチェーンが何重にも巻きつけられ、南京錠でガッチリ閉じられているため、少し動く程度で開きそうになかった。


「こっちですよ」

私は玄関から離れ、割れた窓の一つに絡みついている蔦をはがした。
この窓は壊されていて開くようになっている。当時の私たちはここから出入りしていたのだ。


「お邪魔します」


私はそういって窓枠に足をかけ、中に入った。
関連記事



【廃屋の残響(12)】へ  【廃屋の残響(14)】へ

~ Comment ~

NoTitle

こんばんは♪
良いペースで更新していますね(。・ω・)ノ゙
僕は最近仕事が忙しくてなかなか書けないでいるので羨ましいです(*´w`)
遂に建物が見つかりましたね!
中は当時のままなのでしょうか?
色々気になりますが、一番気になるのは運転手中までが付いてくるのか否かです。笑
↑というのはじょうだんでwwエンディングも間近なのでどんな結末が待っているのか、楽しみにしています。

夢月亭清修様

こんばんは♪
コメントありがとうございます。

なんとか続けて更新できてますヽ(=´▽`=)ノ
でもこのお話の次の話が出来てないので、最終話UPしたら当分更新なくなりそうです(-_-;)

お仕事大変そうですね(´・ω・`)次のお話気になりますが‥ここはあまり無理ならさぬよう……
最近めっきり寒くなりましたし風邪など気をつけて下さいね(>ω<)

この運転手さん意外に人気でびっくりです(笑)
一緒に入っちゃうのかな~せっかくここまで来たんで入って欲しい気もしますが(笑)

ぜひぜひ最後まで楽しんでいってください(・∀・)

怖くないですか

ホラーを書きたいと思ったことはあって、それらしきものを書いてみたことはあります。
読んで下さった方は怖くもないと思うのですが、書いてる自分が怖くて背筋がぞくぞく。

こうしてサスペンスが高まっていく部分を書いているとき、たおるさんはそんなことはありませんか?

運転手さんはやっぱり印象的ですし、この人、いったい……って感じでかなり気になる人物ですよ。
もうじきラストですよね?
どう展開していくのか楽しみです。

NoTitle

本当は記憶違い? と思っていた洋館が、本当に現れましたね。

崩れかかった洋館。まさにホラー要素たっぷり。
怖いのは苦手だけど、この先が見てみたいです。

あかね様

おお!あかねさんがホラーを!読んでみたいです!
どんなお話なんだろう((o(´∀`)o))ワクワク

んー私はあんまりホラー書いてるつもりがなくて(^_^;)なんか読んでもらうとホラーっぽいようで;
このお話書いてる時も、お笑いの話書いてる時も、いたって真顔で普通に書いてます(笑)

運転手さん思いの外人気でびっくりです(笑)
これだともっと活躍してもらいたいですね……うーん(´ε`;)ウーン…

ラストは目の前です!もうひと頑張り!
10話で終わる予定が長引いてますが、もう少しお付き合いお願いしますm(__)m

lime様

そうなんです。実際にあったんですよ……洋館。

中では一体何が待ってるのか! 乞うご期待!(いや、大したことないんですけどね(^_^;)
この先見てみたいと言ってくれてありがとうございますヽ(=´▽`=)ノ

もうラストは目前ですのでもう少しお付き合いくださいませm(__)m
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【廃屋の残響(12)】へ
  • 【廃屋の残響(14)】へ