(長編)廃屋の残響

廃屋の残響(6)

 ←廃屋の残響(5) →廃屋の残響(7)
上司に言われるままに有給届けを提出し、促されて早引きした。

職場を出るためエレベーターに乗り込んだ。

そこまでは覚えてる。

しかし、その後はどこをどう歩いたのか。気が付くとドラッグストアの前に立っていた。


あ…会社帰りに通る繁華街の店だ。


見慣れた通りと目につく大きな看板。
音の割れたスピーカーから流れる陽気なテーマソング。

ここは二階建てになっている大きな店で、一階に化粧品と薬類、二階に日用品と簡単な食料品が並べられてる。大抵のものはここで揃うため普段からよく利用していた。


音を押しのけるように店内に入り、脇目もふらずに二階へ向かった。
目当てのものは上がってすぐの洗剤コーナーに鎮座していた。

青やら白色の多い商品の中で買ってくれと言わんばかりに存在感がある黄色いボトル。
探さずともすぐに目に飛び込んできた。


あれだけ報道されてるのに、まだ売ってあるんだ。

ちょっと意外な気がしたが、殺人事件に使われたからといって、生産中止になったりはしないのは当然のことだ。この商品が悪いわけではない。使った人間のモラルの問題だ。そうでなければこの世に商品なんてなくなってしまう。

手に取るとドキドキと心臓が高なった。汗がそっと背中を撫でる。


別に私は掃除に使うだけだから。
悪いことするわけじゃないんだから。


誰に言い訳しているのか分からなかった。
心の底からフツフツと湧き出る背徳感とともに心は踊る。

……早く使いたい

会計をする際、何か言われるんじゃないかと緊張したが、店員さんはこちらの顔も見ずにレジを通した。

他人から見たらただのおばさんが日用品を買ってるだけなのだ。気にするほうがおかしい。なにをこんなに警戒しているんだ。挙動不審な方が逆に怪しまれちゃうじゃない。


店を出ると早足でマンションへ帰った。

先ほどから携帯のバイブが鳴っているが、どうせハルナだろうと思い出なかった。

今の私にはあなたの相手してる暇なんてないの。



家につくとまだ夕方だというのに既に隣からギター音が流れていた。

こんな時間から弾いていたの? 
大学生って本当いい気なもんね。
いいじゃない……。弾いてなさいよ。


ポリタンクの後ろに書かれている説明分を簡単に流し読みすると、さっそくお風呂場の排水口に垂らしてみた。

このまま少し時間を置くのだという。

待っていると、お風呂場からタンパク質が解ける臭いが漂ってきた。


ふふふ。

私の顔には笑みがこぼれていた。
関連記事



【廃屋の残響(5)】へ  【廃屋の残響(7)】へ

~ Comment ~

NoTitle

どんどんどんどん、ホラーじみていく~><
あの洗剤を買っちゃって、一体何をするつもりなの~。
雑音って精神を狂わせていくって聞いたことがあるけど、まさにそれですね。
どうなっちゃうのかな><

うわ~

やっぱり、この「私」が怖いです(>_<)
ほんとに、どんどんホラーになって行っていますよ。
いや、これまでのたおるさんの作品も、ちょっとホラーよりだったと思いますが、怖い~と背中を振り返っちゃうような感じではなかったのが、今回は明らかに怖い!
でも、我慢して読みます←怖いのが苦手。
指の隙間から……
でも、このぐいぐい惹きつけられる、そこはかとない怖さの描写、本当に上手いなぁと感心しております。
うぅ、どこへ行くの、「私」。

lime様

洗剤どうするんでしょう……。
主人公がどんどん壊れていってます(-_-;)

雑音って気にしだすと本当ストレスですよね;
最近はないですが、アナログ時計の秒針の音とか気になりだすと眠れないです(笑)

お話は今半分くらいでちょうど折り返し地点なのでもうちょっとお付き合いくださいませm(__)m

大海彩洋様

主人公はどんどん壊れていってます;
私の話、ホラー寄りでしたかΣ(゚Д゚)
そ、そんなつもりは……。でも言われてみたらそんな気も(-_-;)

ホラー作家目指すかな(おい
でもきっとホラー書こうと思ったらホラーじゃなくなりそうです(笑)

大海さんホラー苦手でしたか(;´Д`)すいません;
我慢して読んでもらって申し訳ない(>_<)
今折り返し地点なので後半分です!もう少しお付き合いくださませm(__)m

ううう?

え? タンパク質のにおい?
なにしてるんですか、あなたは?
ぎゃああ。

こわれた人間って怖いですよね。
なによりも怖いのは人間だとよくいいますが、人間の真っ黒な感情や、自暴自棄になった人間や、こうして精神が崩壊していく人間や、ううう、怖い怖い。

それとは別に、たおるさんも刃物は怖いですか?
日本人には銃はあまりリアリティをもって感じられないから、身近な刃物のほうが怖いってのはあるのかもしれませんね。
刃物で傷をつける感覚は生々しいですから。

私は変な小説を読んだり書いたりしているせいか、よく変な夢を見ます。
誰かを刃物で刺してる夢もけっこう見ます。
夢の中ではいくら刺しても、枕でも相手にしているように手ごたえがないんですよねぇ。

いえ、人を刺したい願望はありませんが。
(^^;)

あかね様

あ、タンパク質が溶ける臭いは、排水口の髪の毛が溶けてるからですb
すいません、書いとけば良かったm(__)m
あれ独特の臭い臭いがするんですよね;

壊れた人間は怖いですね。。。
何するか分かりませんから((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
幽霊より生きてる人間の方が怖い気がします。
壊れてなくても信頼してる人に裏切られるとか……ああ嫌だ!心が荒む(>_<)


確かに日本人は銃には馴染みがないですから刃物の方が怖いのかもしれません。
小さい頃から色々切ったりしてきてますしね。痛い痛い(>_<)

へ、変な小説www
た、例えばこのお話のように……(爆)いあ、ちゃんとした小説家さんのお話ですよね(笑)どの作家さんの小説を読んでるんだろう。
私はこの前、犬の散歩をさせるバイトをしていて、散歩させてる小型犬がめちゃくちゃ噛み付いてきて、どうにかして噛まれないように散歩コースを回り切るため、犬を寝かしつけて車に乗ってみたり、起こさないようカゴに入れて走ってみたりと苦労する夢をみました。夢の中なのに噛まれたら痛かったです(T_T)

刃物で刺す夢ってまた恐ろしい((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
しかもあかねさんが刺す側ですか!?手応えないって辺もまた怖いwww
なにかストレスでも溜まってるんでしょうか;;;
わー!とか大声出したらちょっとはストレス発散になるみたいですよ( ´∀`)bグッ!(危ない人w
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【廃屋の残響(5)】へ
  • 【廃屋の残響(7)】へ